日本語 |例文集 - アカデミック | 結び

結び - 要約

Ni komencis ĉi paperon kun...
・・・・に触れることで論文を書き始めたが、
論文の要約を書き始める時
La antaŭa diskuto provis...
前述の議論は・・・・するためのものだった。
論文の中で達成しようとしてきたことについて述べる時
La hipotezoj estis testitaj kun datumoj, ke kovras...
この仮説を・・・・のデータを用いて確かめてきた。
用いたデータを説明し、それが自分の意見にどう役立ったか説明する時
Por resumi…
結論として、・・・・
論文の中で達成しようとしてきたことについて述べる時
En resumo,...
まとめると、・・・・
論文の中で達成しようとしてきたことについて述べる時

結び - まとめ

Ni sentas, ke nia studo plifortigas akademian komprenon de la faktoroj...
私たちの研究は・・・・という事項を学術的に強固なものにした。
論文を振り返り、成果を説明する時
Entute...
全体に目を向けると、・・・・
論文を評価する時
Ĝenerale...
全般的に見て、・・・・
論文を評価する時
...kondukas nin al la konkludo, ke...
・・・・は・・・・という結果を導いている。
はっきりした意見を用いて明確な結論を述べる時
La argumentoj donitaj supre pruvas, ke...
前述の議論は・・・・を証明している。
はっきりした意見を用いて明確な結論を述べる時
Ni povas vidi, ke...
・・・・ということが見て取れる。
付加的議論を書いた後、明確な結論を述べる時
Ĉiuj kondukas al la fakto ke...
これらの全てが・・・・という事実を示している。
付加的議論を書いた後、明確な結論を述べる時
Kompreni... povas helpi malkaŝi...
・・・・を理解することは・・・・を明らかにしてくれる。
自分の結論を裏付けする証拠を示す時
Entute...
あらゆる点から見て、・・・・
自分の発見に対して公平な結論を述べる時
Kelkaj limigoj de nia studo kaj areoj por estonta esplorado devus esti nomata...
私たちの研究の制限事項や今後の研究分野は・・・・で述べられる。
論文をまとめる際、限定的な事実を認める時
Tiel, nia tezo estas, ke estas nombro de faktoroj, ke...
したがって、・・・・という事実がある。
はっきりしている事実をまとめとして提供する時
Klare, iuj de propozicioj, ke ni proponis ne estas tute solaj...
確かに、私たちが提案した事柄のすべてが優れているわけではないが、・・・・
借用したアイデアを認める時
Tamen, ni opinias, ke la kontribuo de nia papero ripozas sur tri areoj...
しかしながら、私たちの提議は次の3つの分野に基づいている。
論文の主なまとめを強調する時
Nia studo servas kiel fenestro al kompreno de la procezo...
私たちの研究は・・・・の過程を理解する窓口になる。
論文が何を説明するものであるかを表現する時